兄妹間で相続について揉めている

被相続人が残してくれた財産そのものを受け取るのが被相続人のお子様だけだったという場合には、この兄妹間で喧嘩になってしまうようなこともあります。
被相続人が遺言書の中でそれぞれの分与分については指定していれば特に喧嘩になることはありませんが、指定が無かった場合にはそれぞれの取り分について主張が食い違ってしまいますので喧嘩も避けられないといえるでしょう。

長男が被相続人と一緒に同居している状態で他の兄弟が別居という形では、やはり同居していた長男が一番多くの分割を主張してくることが多く、その他の兄弟にしてみれば同居していたいないに関わらず平等に分割してほしいといった意見で対立してしまうケースがほとんどです。
またこの他にも被相続人から見た娘さんは生前からとてもかわいがられ、さまざまなものを買ってもらったり面倒を見ていてもらったという場合には男性のご兄弟として納得のいかない部分があるため、分割協議をしていく中で生前に娘さんが受けていた贈与等を相殺した上で分割して欲しいということもあります。

冷静な話し合いができなければプロにお願いする

ご兄妹で遺産相続について話し合いをしていても埒が明かず冷静な話し合いができないといった場合には早めにプロに相談しましょう。
税理士さんなどに相談することでそれぞれの分与分がどれだけなのかについても冷静に教えてくれます。

また状況的な問題からも、生前贈与があったのか、もしくはこれまでは生前贈与として認識しなくても生前贈与してみなされ分割を行う際に相殺されるのかなどといった部分についても客観的な見解からアドバイスをもらうことができます。
兄妹の誰か1人が被相続人の介護をしていたなどのケースでも、やはり同じようにトラブルが起きてしまう可能性が高いので、できるだけ早く兄妹間での問題をスムーズに解決できるように、専門家に相談しましょう。

いつまでも兄弟間で分割について揉めてしまったら被相続人が悲しむこととなりますから、このように被相続人の気持ちもお子様の立場として十分考えていかなくてはなりません。

兄弟の1人に子供さんがいる場合にも揉めてしまうことが多い

ご兄妹のうち誰か1人にお子様がいるという状況の中では、被相続人から見たお孫さんになりますので、このお孫さんにも自分の財産を残したいといった意向で遺言書が残っているケースがあります。
しかしこのようなケースでもやはり遺言書は最優先しなければいけないと分かっていても、他の相続人にしてみれば自分と同じ立場の兄妹が分与分を受けるだけでなく、その子供がいることによってさらに多くの分与分を受け取るといったイメージになってしまうので、ここでずるいといった感情が生まれ、トラブルに発生するようなことも考えられます。

そういった場合には、遺言書の通りに必ずしも分割したければならないわけではありませんから、相続人全ての中で改めて協議を行い、お孫さんに対しての分与分を少なくすることによって、その分を他の相続人に分割するなどといった方法もあります。
遺言書が残っていてもどうしてもトラブルになってしまい、骨肉の争いになるようであれば、まずはこうしたトラブルを避けることが大切なので相続人同士は良心をもって話し合いを持つようにしましょう。
特に被相続人から見たお孫さんが兄妹の1人にいるといったケースでは、前述したようなトラブルになってしまうことがあるので、相続人は欲を出さず話し合いをすることも大切ですが、被相続人である立場の人はこのような部分までを考えた上で遺言書を残すことや自分の財産の扱いについて考えていかなくてはなりません。